FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助産師・キャベツ

20170127

妊娠中の話。

ここ数年、私の体重は基本的に42-47kgあたりをふらふら変動している。
妊娠発覚時、旅行三昧暴食三昧で47kg近くあったのだけれど、問診票には『普段の体重』と書いてあったので、キリがいいし45kgでいいか、とよく考えもせずテキトーな数字を記入した。

が、しかし。

スタート時点で実際体重が申告体重より2kgも多かったため、その後順調に増量していった私は常に体重過多妊婦ということに。
(47kgを基準に考えれば、ごくごく標準的な増え方だったんだけど)
後期に入ると毎回同じ助産師さんに
「まだ大丈夫だけど、これ以上増やしちゃダメ」
とお説教される始末。

そしてこの助産師さん、
大のキャベツ好き
であるらしい。
検診の度にキャベツを食えと言われる。
毎回。
毎回毎回。
毎回毎回毎回。
もう耳に何十個もタコが出来るレベルでキャベツを食えと言われる。

「食事の時にお米を減らして、その分キャベツを食べるのがいいですよ。
キャベツなら満腹になるまで食べても大丈夫。
これでストレスなく妊娠期を過ごせたって患者さんたちにも好評なんだから!」
そんな言い回しも覚えてしまうくらいに。

毎日毎日たくさんの患者さんを相手にしていらっしゃるから、誰に何を言ったかなんて一々覚えてられないんだとは思う。
でも、流石にキャベツキャベツ言い過ぎ。
私一人でこうなんだから、一体一日に何人の人にキャベツって言ったんだろう……
病院の方針か?とも思ったんだけど、他の助産師さんは言わない。
多分この人の方針なんだろう。
いつしかその助産師さんを我が家ではキャベツと呼ぶようになった。

出産日間近の頃はもう、ひたすら今日の担当はあのキャベツじゃありませんようにと祈り続けておりました。
とにかくキャベツ食えと言われるのが、嫌で嫌でたまらなかった。
もう聞き飽きたってものあったし、キャベツのあのきゅるきゅるした食感が苦手だからいくら進められてもなぁ……って感じだったし。笑
ま、願い虚しく最後まで検診の担当はキャベツだったんやけどね……
スポンサーサイト
about Me

はと

Author:はと
熱し易く冷め易い自由人。
手を出した趣味は数知れず、結果は言わずもがな。
最近はメガネの餌付け料理に凝っているらしい。
朝ごはんだろうがお弁当だろうが、容赦ないニンニクの大量投入に苦情が絶えない。
オレンジジュースを与えておけば、割と常にご機嫌。

Categories
Archives
Twetter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。