FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父 vs. 父

さて、ではGWのお話を今更ながらに。

20160518_1

GWの第一連休は、湯布院にて、震度5弱の洗礼をうけつつ、予定通りメガネ妹一号のその婚約者さん一家と顔合わせでございました。
芸能人のケンコバさんにどことなく似た雰囲気の婚約者・くま君は、シャイながらも笑顔の素敵な好青年。
すっかりくま君を気に入ってしまったメガネ兄弟、いつもの人見知りっぷりはどこへやら、がっつんがっつんアプローチしてました。
裸の付き合いや!と、男三人で温泉に行き(くま君が強制連行されたともいう)、一時間ほどめちゃめちゃ騒いでました。
(地震の影響で、お宿には我々以外にお客さんは一組だけのほぼ貸し切り。もうやりたい放題)
中学生か、君らは。笑

くま君の妹ちゃんも、誰からも好かれそうなニコニコした可愛らしいお嬢さん。
くま父とくま母も含め、家族みんなが仲良しで、ほんわかした家族だなぁ、というのが第一印象だった。
その第一印象は裏切られることになるのだが――

晩ご飯の折、メガネ父が乾杯の音頭を取り、お皿が運ばれてきて、和やかに食事は始まろうとしていた。
半ば懐石、半ば焼肉といった風情のコースだったので、各々のテーブルで皆が肉を焼こうと箸を持った、その時。
「乾杯は済みましたが、私からも一言……」
と、突如立ち上がる、くま父。
みんなもう、肉をつかんでいる。
マジかい、お腹空いてるのに……とは思っても、マイペースに話し始めたくま父に気遣って、みんな箸を置く。
置いたはずであった。

じゅーーーーーー

くま父の声に重なって、肉が鉄板で焼ける音が響き渡る。
くま父の目の前の席、メガネ父の手が動いているではないか。
まぁ、くま父が立ち上がるの唐突だったしな。肉置いちゃったんだろう。
誰しもがそう思ったハズ。

じゅーーーじゅーーーじゅーーー

メガネ父、手を止めない!笑
くま父が話しているのも無視で、ガンガン鉄板に肉を並べていく!笑
隣に座るメガネ母、何か言いたそうにちらりとメガネ父を見るが、結局諦めたようだ。
その間も話し続けるくま父。
ちらっとメガネ父を一瞥するが、さして気にも留めず話し続ける。
これがまた、長い。
くま父、話が長い。
そしてメガネ父、もういい加減、肉を焼くのをやめてくれ。
ひっくり返して両面こんがり焼けて、そろそろ食べ頃とお皿に移したそうなそぶりをするのはやめてくれ。

各父のお互いを完全に無視した奇行に、はじめはオロオロと見守っていた両家子供たちではあるが、そのマイペースっぷりに、一人、また一人とうつむき、肩を震わせ始める。
すみません、笑いの沸点が非常に低いはとは、途中吹き出しました。
耐えられませんでした。

もはや面白すぎて拷問かと思われる時間も、永遠には続かないわけで。
長かったお話も終わり、やっと食事再開。
その後はつつがなく。
いや、メガネはくま父のターゲットにされ、食事中何度も立ち上がり、握手を求められていた。
うんざりした顔で席に戻ってくるのが非常に不憫。笑
メガネ家の子供たち、巻き添えになっては大変とくま父から目をそらし続ける。
はとも例外ではありません。笑
「フリーダムな父親が二倍になった……」
と、戦々恐々としていたのは他でもない。
メガネなんぞ、後々に
「くま父がはとのお父さんじゃなくてよかった……自分の父親ですら持て余すのに、これから一生親戚づきあいしないといけない人が自分の父親並みに濃いとか無理や……」
脱力していた。笑

そんな濃ゆ~~いキャラのくま父のお話がもう一つ。

ふと、メガネ弟が
「わし、10歳上のはとちゃんにめっちゃタメ口やけど、くま君兄妹は一体はとちゃんを何歳だと思ってるんだろ」
などと言い出した。
それというのも、メガネと、メガネ弟と出掛けると、大抵はとが一番年下に見られる。
ので、面白がってメガネがくま君たちにはとの年齢当てゲームを仕掛けた。

くま君ご一家の回答がこちら。
20160518_2

……とりあえず、父よ。
ツッコミどころが多過ぎて何と言っていいかわからない。
最初の挨拶で、長男の嫁だと紹介してもらっているはずなんだが。
付き合いが長くて、もう八年って話をしてるはずなんだが。
そうか、メガネは小学生に手を出すようなロリコンに見えたわけだな?笑

「よかったね!まだ20代前半で通用するね!サバ読みまくれるね!」
と大爆笑のメガネの隣で、ひっそりと落ち込むメガネ弟。
「わし、さっきくま君に23歳くらい?って言われた……やっぱりはとちゃんよりおっさんに見えるんや……」とな。笑
がんばれ、新成人!
30代に間違われることもあるけれど、君はれっきとした新成人だ!笑

因みに、余談ですが、
「はとちゃんがそんなに年上なら、妹さんは!?」
と、メガネ妹一号が言い出した。
「一号ちゃんの二つ上かな?」
と答えたら、真っ青になってたよ。
「私、年下だと思って、結婚式のとき、めっちゃタメ口で話しかけてた……!」
とな。笑
大丈夫です、うちの妹は後輩にお世話してもらうような、根っからの末っ子体質なので問題ありません。笑
スポンサーサイト

すまないとは、思っている

!注意!
本日、虫の話です。
普通の虫平気~な、はと本人ですら、かなり、ちょっと、トラウマになるレベルの虫の話です。
苦手な方はご注意を。
お食事前のご閲覧も……避けた方が無難かもしれません。




大丈夫だよ、の方はつづきをクリック↓↓

+ Read More

about Me

はと

Author:はと
熱し易く冷め易い自由人。
手を出した趣味は数知れず、結果は言わずもがな。
最近はメガネの餌付け料理に凝っているらしい。
朝ごはんだろうがお弁当だろうが、容赦ないニンニクの大量投入に苦情が絶えない。
オレンジジュースを与えておけば、割と常にご機嫌。

Categories
Archives
Twetter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。